トップページへのリンクです。
 

神仏習合から神仏分離へ、寺子屋廃止から江ヶ崎学校、さらに組合立黒浜尋常高等小学校への変遷など当神由緒をご紹介したページへのリンクです。
当神社の御祭神と御神徳をご紹介したページへのリンクです。当神社で行う年間行事へのリンクです。
湯立神事をはじめ、当神社から発見された文化財や名勝、出版物などのご紹介ページへのリンクです。
このページです。
神道式葬儀に関するページへのリンクです。
当神社宮司・矢島忠男によるエッセイと短歌の一部をご紹介しているページへのリンクです。
当神社 御鎮座555年記念として発表された奉賛歌の一部をご紹介するページへのリンクです。
樹木医・小山千秋先生の調査でわかった50種類以上ある当神社社叢の草木類ご紹介ページへのリンクです。
久伊豆神社の住所・地図へのリンクです。

余滴(よてき)
      ・当神社発行の「久伊豆だより」を中心に四季の様々、折にふれてご紹介したページへのリンクです。


祭典・祈祷

当神社の祭典・祈祷については、年間神事とは重複する面もあるかもしれませんが、例祭と大祓に関わる面については氏子中の役員総代・崇敬者等が参列し祈願する形をとっています。そして祈祷については広く氏子崇敬者が、例えば厄除け祈願・方位除け祈願・家内安全祈願等 その他の祈願にあたり、神職の祝詞奏上、玉串奉典等正式参拝を受けることが"ご祈祷"であります。
ご祈祷を受けた場合、御神札・お守りその他を授与され神職の仲執により祈祷をお受けになる方々の祈願内容が神様に伝えられ人々の心のご安泰をもたらされます。


諸祈祷 諸祭典のご案内

当社では、次のような祭典・祈祷を行っております。

◎安全祈願・・・・・・・・ 赤ちゃんのご出産にあたり、無事安産をお祈り
◎初宮詣・・・・・・・・・・ 男児32日目・女児33日目(原則)で神前にお子さまの無事ご成育と神様へのご加護をお祈り。
◎七五三詣・・・・・・・・ 3才・・・男女児(髪置の儀)
5才・・・男児(袴着の儀)
7才・・・女児(帯解の儀)
◎十三詣・・・・・・・・・・ 男・女児 13才
◎厄除祈祷・・・・・・・・ 本厄 男子=25才・42才・61才
本厄 女子=19才・33才・37才
前厄 男子=24才・41才・60才
前厄 女子=18才・32才・36才
後厄 男子=26才・43才・62才
後厄 女子=20才・34才・38才
◎方位除・・・・・・・・・・ ご家庭・会社等において、方位の悪い方角について、お祈り、お払いを受ける。
◎八方塞除・・・・・・・・ ご家庭・会社等において、四方八方(全部の方角)の悪い面について、お祈り、お払いを受ける。
◎家内安全祈祷・・・・ ご家庭のご無事・安全をお祈り。
◎学業成就祈願・・・・ お子様のご入学・ご進学等々に当たり、ご成就の平安をお祈り。
◎営業繁栄祈願・・・・ ご家庭・会社・事業所等の生業の繁栄・発展をお祈り。
◎交通安全祈願・・・・ 車(バイク・自転車等を含む)の事故の無いようお祈り。
◎その他

ご質問にはお答えいたし、それぞれ神符・守札等を準備いたしております。

◎地鎮祭・・・・・・・・・・ ご家庭・会社・事務所等において家屋等を建築される場合、その土地の守護神(大地主大神・産土大神)をお祈り・お鎮めに当たり、無事工事の安全を祈る。
◎上棟祭・・・・・・・・・・ 地鎮祭の後、家屋等の棟木上げに当たり、その家の守護神をお祀りし、ご加護をお祈り。
◎新室除・・・・・・・・・・ 新築の家に初めて入る時は、(あるいはお引越し等の場合)その家屋の竣工を感謝し、神のご加護を祈る。
◎神棚新造奉斉祭・・
 神宮大麻
(大神宮さま)
 神社大麻
(氏神さま、崇敬神さま)
 竃(かまど)三柱神さま等
新しく神棚ができた時、新神棚をお祓いして、無事ご加護をお祈りし、神様をお祀り。
◎神葬祭・・・・・・・・・・ 神式によるご葬儀
◎祖霊祭・・・・・・・・・・ ご先祖さまの年季の神霊祭 神道式のご葬儀の場合、五十日祭をもって忌明とされております・・・・家中をお祓いし、神棚のお祀りをなさって下さい。
 五十日祭・一年祭・三年祭・五年祭
以降10年ごと・・・・十年祭・二十年祭・三十年祭・四十年祭・五十年祭・(弔上げ)百年祭・・・・
◎清祓祭・・・・・・・・・・ ご葬儀の後の清め祓い
◎服忌除祈祷・・・・・・ ご葬儀を終えて後、忌明に当たり、神職によるお祓いを受ける
備考 屋敷神をお祀りされているご家庭・会社さま・事業所さま等の方々へ
 (例)稲荷様・金刀比羅(金比羅)様、愛宕様等々
 稲荷様=初午祭

できる限り、年1回の例祭を執り行って下さい。
その節には神社より出張致します。
ご依頼・ご相談の方はお電話あるいはご来社されお話し下さい。
TEL/FAX 048-768-5233(時間外でも対応させて頂きます)
TEL 048-764-0811(昼のみ)


御神札類

 神社に参拝した場合、また神徳を授りたい場合など、御神札(御札(おふだ))・御守などをお授けします。
 そこで、家庭の神棚にお祀りしたり、身の守りとしての御守などを身に付けたりします。あるいは産土神の例祭等の場合、神札類が配られてまいります。
 このように、伊勢の神宮大麻を初め御神社には神霊としての神物(芯)が納められ、神霊として仰ぐものです。
 よって、神宮大麻などは除くとして、例えば、家内安全、厄除祈祷等々、御神札類をいただき、神の恩頼(みたまのふゆ)をお受けして身の守りとすると考えてよいと思います。また、紙の切札(きりふだ)も神霊の宿るものとして大切にしたいものです。
 
Copyright© 2012 Egasaki Hisaizu Shrine in Hasuda City