トップページへのリンクです。
 

神仏習合から神仏分離へ、寺子屋廃止から江ヶ崎学校、さらに組合立黒浜尋常高等小学校への変遷など当神由緒をご紹介したページへのリンクです。
当神社の御祭神と御神徳をご紹介したページへのリンクです。当神社で行う年間行事へのリンクです。
湯立神事をはじめ、当神社から発見された文化財や名勝、出版物などのご紹介ページへのリンクです。
当神社の祭典・祈祷や御神札類のご紹介ページへのリンクです。
このページです。
当神社宮司・矢島忠男によるエッセイと短歌の一部をご紹介しているページへのリンクです。
当神社 御鎮座555年記念として発表された奉賛歌の一部をご紹介するページへのリンクです。
樹木医・小山千秋先生の調査でわかった50種類以上ある当神社社叢の草木類ご紹介ページへのリンクです。
久伊豆神社の住所・地図へのリンクです。

余滴(よてき)
      ・当神社発行の「久伊豆だより」を中心に四季の様々、折にふれてご紹介したページへのリンクです。

 神葬祭(神道式の葬式)

神葬祭は、我国古来の神道の儀礼によって行う神道式の葬儀です。
 基本的に、人間は産土神から生命を戴いて生まれ、神のご守護を受けて産土神に帰るのです。
我が国にでは、遠い昔から祖先崇拝に基づく神道式の葬儀が行われて来ていましたが、とりわけ室町時代・江戸時代あたりから、主として仏教式の葬儀が行われるようになりました。
 というのは、宗教史の流れの中で、江戸時代末期のキリスト教排撃を基調とする”宗門改め”の制旦那寺(だんなでら)への帰依(きえ)という”寺請制度”の展開によって、祖先祭祀が仏教的展開へと進んで行ったのでした。
そして、神道は穢れを忌む"浄明正直"を理念とする事によって、特に江戸時代頃より仏教寺院が葬儀を行うようになったのです。一方において、端的に申せば神から生まれ神に帰るという神道の死生観に基いての神葬祭が行われて来ているのです。

 当神社においては、神道式葬儀(神葬祭)を行っております。

「神」「人」「仏」「神」ではなくて、「神」「人」「神」の形式が神道式葬儀(神葬祭)の形であると申せましょう。







Copyright© 2012 Egasaki Hisaizu Shrine in Hasuda City